起業家に必要なテーマ

このたび、起業することを決心しました。比較的安定したサラリーマンという立場を投げ打って、嫁は反対するわ、かつ54歳という、そう若くもない今になってなぜ起業するのか?

 

いろいろありますが、『人は何のために生きるのか?』。極論すると、これがすべてだと思っています。

  

先日引退したイチロー選手が、3000本安打を記録した時のセリフです。

「僕にとって、『3000』という数字よりも、僕が何かをすることで僕以外の人たちが喜んでくれることが、今の僕にとって、何より大事なものだっていうことを再認識した瞬間でした。」

人は何のために生きるのか、このイチロー選手の言葉がすべてを語ってくれていると思います。

 

人生って、テーマ設定とそれに向けた取り組みだと思っています。長期、中期、短期それぞれのスパンごとに自分だけのテーマがあって、それに立ち向かっていく、取り組んでいく。その中でいろいろなものが必要となり、知識だったり経験だったり、人のネットワークだったり。勉強して行動して、テーマの実現に向けて努力を積み重ねる。

 

将棋とか囲碁の世界に、大局観というものがありますが、人生にも大局観が必要だと思います。次回は、そのあたりを書いていきたいと思います。